当日相談受付中 お問い合わせ オンライン法律相談

トップページ

「離婚」を考えたとき,押さえるべき8つのポイント

不貞行為の慰謝料請求

モラルハラスメント(モラハラ)

段階・状況別のご相談メニュー

離婚の手続き-依頼から解決まで-

離婚問題を弁護士に相談・依頼したら何をしてくれるの?

中高年(熟年)の離婚

女性のための離婚に関する相談

男性のための離婚に関する相談

会社経営者と離婚について

公務員と離婚について

弁護士と他士業との違い

住宅ローンクライシス(家計の圧迫、変化への適応)

住宅ローンクライシス(陥った場合の問題点)

夫の父親(舅、義父)からのセクハラで離婚を検討されている方へ

離婚を地元の弁護士に依頼すべき理由

離婚に関するよくある質問

離婚に関する弁護士コラム

解決事例

お客様の声

離婚裁判

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

ご相談の流れ

お問い合わせ

サイトマップ

弁護士に相談できること さくらのたより スタッフのひとりごと

住宅ローンクライシス(陥った場合の問題点)

住宅ローン(1)では住宅ローンクライシスとはなにかについてと,その原因についてお話ししました。次に,実際に住宅ローンクライシスに陥った場合の問題点についてお話ししましょう。

住宅ローンクライシスの怖さは,比較的短期間に結婚生活が破綻に至りやすいという点だけではなく,離婚する際の財産処理が非常に難しいという点にあります。

まず大前提として,財産分与の考え方についてご説明しましょう。

財産分与とは,婚姻期間中に夫婦で形成した財産を分け合う制度です。
婚姻期間中に形成されるのは,プラスの財産ばかりではなく,借金などのマイナスの財産もありますが,マイナスの財産については単純に半分ずつにされるわけではありません。

たとえば,妻が生活用品を買うためにクレジットカードを使用して30万円の借金が残っているとします。財産分与の考え方からすれば,離婚に伴って,夫婦それぞれ15万円ずつ借金を背負うことにすればいいように思われますね。
ですが離婚の際に夫婦で借金を半分ずつ負担することに決めたとしても,クレジット会社は個人的な事情など関知しませんから,夫が約束を破って15万円を払わなければ,やっぱり妻の方に請求が来ます。

つまり,借金は債権者の同意なく変更することができないので,夫婦の話し合いで半分にすることはできないのです。
このため,財産分与においては,婚姻期間中に形成された借金はそのまま借金の名義人の負担として残るものとされます。ただし,財産分与の計算上,プラスの財産からマイナスの財産を差し引いて,プラスで残った財産があれば,それを半分ずつにするという計算をすることになっています。

そこで住宅ローンの場合を考えてみましょう。
(1)で述べたように,住宅ローンクライシスが起きるのは,比較的婚姻期間の短い夫婦であるのが一般的です。つまり住宅ローンも返済が始まったばかりで,まだほとんど残っています。

日本では中古住宅の評価が非常に低いので,ほとんど新築の建物であっても,その評価は住宅ローンの残高に達しません。
たとえば離婚時現在の住宅の価値が2000万円として,住宅ローンの残高が3000万円であるとすると,住宅はマイナス1000万円の資産であるということになります。

これでは少しくらい預貯金などの資産があっても,夫婦の資産は全体としてマイナスになってしまいますので,財産分与する必要はないということになります。
このように,住宅ローンクライシスの事案では,財産分与はなされないのが一般的です。

では,敷地が妻の親の所有で,その上に夫名義で自宅を建築し,夫名義で住宅ローンを組んだ場合はどうでしょうか。

夫婦の財産としては,プラスの財産が自宅建物,マイナスの財産が住宅ローンです。
明らかにマイナスの財産の方が多いので,財産分与はありません。
そうなると,離婚しても,敷地は妻の親の所有・建物は夫の所有という状態のままになってしまいます。これでは後々紛争になることは目に見えています。

つまり,敷地を夫が買い取るか,建物を妻が買い取るか,敷地と建物をセットで第三者に売却するか,いずれかの方法によって敷地と建物の所有者を一致させるようにしなければなりません。

ですが,第三者への売却は難しい場合が多いと言えるでしょう。
住宅ローンクライシスの事案では,住宅ローンがほとんど残っているケースが多いのですが,第三者に売却するには住宅ローン残額以上の金額で売らなければなりません。そうしなければ住宅ローンのための抵当権を銀行が抹消してくれないからです。

ですが通常,第三者としては,そんな金額で中古住宅を買うくらいなら,もう少し出して自分で新築の家を買いたいと思うでしょうから,到底そんな値段では売れません。
この方法による場合には,不足分を現金で準備する必要があります。

敷地を夫に買ってもらうという方法はどうでしょうか。
自宅の建設に住宅ローンを組んだということは,夫自身,余分な資金を持っていないということですから,夫に敷地を購入する資力はないと考えられます。
従って,この方法による場合には,夫の両親などが夫に資金援助してくれる必要があります。

それでは,妻が建物を買い取るという方法はどうでしょうか。
この方法による場合,妻自身に住宅ローンを引き受けるだけの収入があって夫名義の住宅ローンを引き継ぐか,妻の親族が買い取り費用を準備する必要があります。どちらにしても,非常にハードルの高い条件です。

結局,いずれの方法も使うことができず,自宅の処理に苦慮するケースが少なくありません。住宅ローンクライシスの非常に怖い点です。
他にも,①土地建物とも夫の所有で,夫名義で住宅ローンを組んだが,妻,もしくはその両親が高額の頭金を支払っているケース,②土地建物のどちらかが,夫婦,もしくはそれぞれの両親との共有になっているケース,③夫の実家の敷地内に,夫婦共有の建物を建てているケース,④夫名義で住宅ローンを組んでいるが,妻が保証人になっているケースなど,自宅と住宅ローンにまつわる処理の難しい事例は多数あります。

ここですべてご紹介することはできませんので,詳しくはご相談ください。

>>住宅ローンクライシス(1)

※コンテンツ内で事例をご紹介する場合、作成当時の法律に基づきますので最新の判例と異なる可能性があります

オンライン(ZOOM)有料法律相談のお知らせ

オンライン(ZOOM)有料法律相談のお知らせ

当事務所ではオンラインでのご相談・お打ち合わせをお受けします。 【ご利用条件】 ①愛知県・岐阜県・三重県お住まいの方に限定します。 ②音声のみのご相談はお受けできません。 ③「Zoom Cloud M…

「離婚」を考えたとき,押さえるべき8つのポイント 8

「離婚」を考えたとき,押さえるべき8つのポイント

ポイント1 離婚の合意ができるかどうか 結婚同様、離婚も夫婦で合意するのが原則ですが、「離婚原因」があれば、相手方が離婚に応じない場合でも離婚することができます。 詳しくはこちら ポイント2.財産分与…

不貞行為の慰謝料請求 7

不貞行為の慰謝料請求

  1 不貞行為の慰謝料 夫婦は互いに相手に対して貞操義務を負っていますので,配偶者が不貞を行った場合,配偶者に対して慰謝料請求することができますが,不貞相手に対しても,配偶者としての正当な…

モラルハラスメント(モラハラ)

モラルハラスメント(モラハラ)

 モラルハラスメント(モラハラ)とは,精神的な暴力,嫌がらせのことです。 離婚問題では,家庭内での配偶者間の精神的な暴力,いじめのことを指します。  ドメスティックバイオレンス(DV)とは違い、実際に…

段階・状況別のご相談メニュー

段階・状況別のご相談メニュー

あなたは今、どんな状況にいますか。 状況に応じた対策を考えてみましょう。 1「離婚した方がいいのかどうか、迷っています」 そんなあなたは、今もし離婚したらどうなるのか、とりあえず弁護士に事情を話してみ…

離婚の手続き-依頼から解決まで- 5

離婚の手続き-依頼から解決まで-

依頼から解決までの流れ 離婚に関する協議の実施 話し合いがまとまらなかった場合 まずは当事者間で離婚条件について話し合います。うまく合意できれば、離婚届を提出し、離婚が成立します。 なお、養育費や慰謝…

離婚問題を弁護士に相談・依頼したら何をしてくれるの?

離婚問題を弁護士に相談・依頼したら何をしてくれるの?

  ご相談者の方の中には、弁護士に会うのも初めてで、そもそも弁護士が何をしてくれるのかよく分かっておられない方もみえます。 そこで、「弁護士に相談・依頼したら何をしてくれるのか?」をご説明しておきまし…

家を出ていった夫の不倫相手に対して慰謝料請求をするには?

家を出ていった夫の不倫相手に対して慰謝料請求をするには?

質問 夫が家を出て行き、会社の同僚の女性と住んでいる。ただ、夕食はこちらに帰ってきて、子供と仲良くしてくれ、生活費も入れてくれている。離婚はしたくないが、不倫相手に慰謝料請求をしたいと思っている。 回…

結婚したとたん豹変した旦那と離婚するにはどうすればいいのか。

結婚したとたん豹変した旦那と離婚するにはどうすればいいのか。

質問 結婚する前はやさしい人だったのに、結婚したとたん豹変した旦那と離婚したい。離婚を考えているが、どうすればいいか。 回答 モラルハラスメントが疑われる事例でよくみられるご相談です。 交際期間はそれ…

離婚した旦那と会わずに、面会交流をする方法はありますか?

離婚した旦那と会わずに、面会交流をする方法はありますか?

質問 離婚した旦那との面会交流の方法について相談したい。元旦那は子供と3人で会いたいと言っているが、私は旦那と顔とあわせたくない。どうすればいいか。 回答 面会交流については,以前はそれほどきちんと協…

養育費の条件がまとまらない場合にどうすれば良いか?

養育費の条件がまとまらない場合にどうすれば良いか?

質問 お互い離婚には同意しているが、養育費の条件がまとまらない。どうすればいいか。 回答 養育費を含め,離婚条件についてどうしても協議がまとまらない場合には家庭裁判所で夫婦関係調整調停(離婚調停)を申…

年金受給者の離婚と年金分割

年金受給者の離婚と年金分割

離婚をお考えの中高年のみなさま。 年金分割とは、支給される年金が半分ずつになるということではない、ということはご存知ですか。   年金分割とは、年金が分割されるのではなく、婚姻期間中の年金保…

弁護士、頼んだほうがいいですか?

弁護士、頼んだほうがいいですか?

「わたし、先生にお願いした方がいいですか?」 ご相談の席でこんな風に聞かれることがよくあります。   結論から申し上げますと、普通は頼まなくてもいいと思います。 (私が言うのも変ですが。) …

離婚を望まない夫からの相談①

離婚を望まない夫からの相談①

男性から離婚相談を受けることも多いのですが、「男性の離婚相談と女性の離婚相談って全然違うんだなー!」とつくづく思います。   女性の離婚相談は、離婚を望んでいるケースでも離婚を望まないケース…

裁判所いろいろ

裁判所いろいろ

私が離婚事件で利用する裁判所は、当然ながら事務所に近い一宮の裁判所が一番多いのですが、名古屋家裁や岐阜家裁もよく利用します。   調停は相手の住所地で起こさなければいけないということになって…

離婚に親が出て来るの巻

離婚に親が出て来るの巻

 離婚事件に相手方本人じゃなくて親が出て来るケースって、意外と多いです。 話が分かる親ならいいんですけど、たいていそうじゃないのはなぜだろう。 「ご本人以外と離婚条件について協議はできません」とお断り…

ライン
予約

一人で悩む前にお気軽にお問い合わせください

事務所ロゴ

弁護士法人アストラル

(旧アストラル総合法律事務所)

〒491-0858 
愛知県一宮市栄1-8-12 一宮栄ビル4F
TEL:0586-71-4545

Copyright © 弁護士法人アストラル All Rights Reserved.