面会交流(面接交渉)

(1)面会交流(面接交渉)とは

a_0150015
 面会交流(面接交渉)とは,親権者とならなかった親が子どもと交流する機会を言います。

 子どもの事に関しては夫婦間に争いが少なく,特に方法など決めなくても随時面会を行っていけるというケースでは,あらかじめ面会交流について決めておく必要はありませんが,離婚後も連絡を取り合うことでトラブルになりそうな場合,親権者になった方が面会交流を拒否している場合などには,離婚に先立って面会交流の回数,方法などを決めておく必要があります。

 面会について後日トラブルになりそうなケースでは,原則的な実施日時(例えば第2・第4土曜日の午前10時から午後4時まで,など),子どもの都合などで実施できない場合の振り替え日時,子どもを引き渡す場所,子どもと面会する際のルール(高額なプレゼントは誕生日以外には買い与えない,子どもを通じて相手に連絡しない,子どもと面会や旅行などの約束を直接しない,など)は決めておくのが望ましいでしょう。

 面会に限らず,電話やメール,写真の交付,プレゼントのやり取り方法などを定めるのも良いでしょう。

(2)面会交流について協議がまとまらないとき

a_1370001 面会交流について夫婦間で話し合いがまとまらない場合,家庭裁判所へ子の監護に関する処分として面接交渉の調停申立をします。調停が不成立であれば、審判という手続によって裁判所が最終的に決定します。

 面会交流が制限されるケースとしては以下のような場合があります。

1.非監護親(面接交渉を求める親)に問題がある場合

 ・子供に対する暴力

 ・酒乱

 ・面接交渉のルール違反をし,今後も違反が繰り返される可能性が高い場合

2.夫婦間の精神的対立が激しく,子どもの精神的安定を阻害する場合

 従来は親権者(監護親)の拒否の意思が強いとそれに従いがちでしたが,親の都合で子どもが片親を失うことのないよう,最近ではより面会交流に対し積極的な判断が主流となっています。今後は夫婦間の対立が激しい場合にも面会交流は制限されないケースが増加していくと予想されます。

3.子の意思

 思春期の子どもなど年齢的に非常に難しいときで、別れて暮らす親と会うことによって、その精神状態が動揺することが考えられるような場合、認められない可能性があります。

4.子どもを引き取って育てている親が再婚し、子が幼い場合

 子どもを引き取って育てている親が再婚し、子が幼い場合に、子どもとともに円満な生活が営まれ、分かれた親と会うことが子どもに逆に動揺を与えマイナスであるとの評価がされる場合には,面会が制限される可能性があります。ただし,実の親との接触の機会も子どもにとっては重要なことであり,事案ごとに慎重に判断されます。

 なお,いったん認められた面接交渉も、子供に悪影響を与えると認められる場合には、再度調停や審判によって、一時停止されたり、条件が変更されたりする場合があります。

 離婚を争っている当事者は,当然ですが相手に対して強い不満,不信,敵対心を持っているのが普通ですので,「あんな親ならいっそ,いない方が子どもにとっても幸せ」と考えがちです。ですが,どんな親でも子どもにとっては自分の親です。離婚すれば夫婦は赤の他人になりますが,親子の縁は切れません。

 たとえ欠点のある親でも,人から親を非難されると自分が非難されたように悲しいですよね。それはお子さんにとっても同じです。また,自分の知らないところで親権者や面会交流について決められる子どもとしては,「自分は捨てられたのではないか」という疑念にも悩まされることになります。

 そのようなことにならないよう,親権や面会交流については,夫婦双方が冷静になって話し合うことを心がけたいものです。

面接交渉の解決事例

法律相談受付中 離婚・慰謝料の相談。まずはお気軽にお問合せください。 0586-71-4545 ご相談の流れはこちら
法律相談受付中 離婚・慰謝料の相談。まずはお気軽にお問合せください。 0586-71-4545 ご相談の流れはこちら