夫の不貞を理由に離婚を求めた事例

夫の帰宅が遅いなどの不審な行動から,妻が夫の携帯電話をチェックしたところ,女性との関係を伺わせるメールが発見されたため,別居を開始した事例です。
調停からのご依頼でしたが,残念ながら夫の不貞を裏付けるメールなどが記録に残っておらず,調停では夫は不貞の事実を完全に否定しました。

このため慰謝料の支払いは強く拒否されましたが,離婚の調停と併せて婚姻費用の支払いを求める調停を行ったところ,夫が予想する金額よりも多額の婚姻費用が認められたため,夫側でも早期に離婚したいと考えるようになり,慰謝料に代わる解決金として80万円を支払うことを条件に離婚調停が成立しました。お子さん二人について養育費は月9万円,そのほか年金分割についても合意しました。

コメント

婚姻費用の額については算定基準表が利用されており,特殊な事情がない限りほぼ算定基準表どおりの金額が認定されます。

子どもの面倒を看ている方からみると,算定額が非常に低く,とても子どもの生活と夫の生活を同等に考えて算定されているとは思えないときがあるのですが,一方収入が比較的少ない夫のケースでは,生活にかかわるほどの金額が算定される場合があります。

このため,当初離婚を強硬に拒否していた夫も,婚姻費用額が決定されると急に離婚に前向きになる場合があります。
本件もまさにそのケースであり,婚姻費用額が決定したあと,早期に離婚が成立しました。

2014/06/06

※コンテンツ内で事例をご紹介する場合、作成当時の法律に基づきますので最新の判例と異なる可能性があります

夫の子どもに対する暴言・暴力、夫の不貞を原因として離婚した事例(一宮市)

概要  夫が子どもに対し、些細なことで怒鳴る、顔を殴る、足蹴りにするなどの暴力があったものの、妻に自活能力がなく長年我慢し、夫の不貞発覚を機として妻から離婚を請求した事例です。   結果  …

離婚協議書を公正証書で作成した事例(江南市)

概要  夫からの離婚請求に対し、自宅の名義を妻に移転する代わりにこれに応じた事例です。   結果  養育費に代えて夫が住宅ローンを払い続け、離婚と同時に自宅を妻に財産分与するとの内容の公正証…

婚姻期間1年で夫の不貞を理由に離婚した事例(犬山市)

概要  結婚直後に夫の不貞が発覚したことから、妻から依頼を受け離婚調停を行った事例です。   結果  慰謝料を350万円とし、離婚調停が成立しました。   ポイント・所感  本件で…

面会交流調停の成立に長期間を要した事例(犬山市)

概要  夫が子どもとの面会方法にこだわり、極めて詳細な面会方法が定められた事例です。   結果  妻が離婚に応じる代わりに、720万円の慰謝料が支払われました。   ポイント・所感…

不貞を行った夫との離婚に応じることと引き換えに多額の慰謝料が支払われた事例(一宮市)

概要  別居後に夫が不貞を行っていたことを理由に妻側が離婚を拒否したため、夫側の代理人として離婚訴訟を行った事例です。   結果  妻が離婚に応じる代わりに、720万円の慰謝料が支払われまし…

別居後の不貞を理由に離婚が認められなかった事例(一宮市)

概要  別居後に夫が不貞を行っていたことを理由に妻側が離婚を拒否したため、夫側の代理人として離婚訴訟を行った事例です。   結果  妻に自宅を財産分与することと引き換えに和解離婚が成立しまし…

不貞の慰謝料請求を受け協議で解決した事例(岐阜市)

概要  不貞相手の妻から慰謝料請求を受け、和解金を50万円とすることで協議により解決した事例です。   ポイント・所感  本件は不貞相手との間に子どもが産まれていることから不貞の事実が明らか…

調停で離婚が成立した事例(一宮市)

概要  子どもが生まれてからも夫が生活スタイルを変えず、家事・育児への協力が全くなかったことから、妻の夫に対する愛情が冷めてしまい、離婚を決意した事例です。   結果  妻からの依頼で夫に離…

不貞相手から慰謝料を回収した事例(一宮市)

概要  夫が不貞の末、妻に対し離婚を要求したことから、不貞相手に対して慰謝料請求訴訟を提起しました。   結果  不貞相手に対しては300万円を要求しましたが、不貞相手と夫が別れ、今後一切接…

離婚した元夫の不貞相手から慰謝料を回収した事例(あま市)

概要  離婚した元夫が婚姻中に不貞していたことが判明したことから、不貞相手に慰謝料を請求しました。   結果  不貞相手に代理人弁護士がつきましたが、交渉の結果、和解金として200万円を支払…

|1/0|

ライン
予約

一人で悩む前にお気軽にお問い合わせください

事務所ロゴ

弁護士法人アストラル

(旧アストラル総合法律事務所)

〒491-0858 
愛知県一宮市栄1-8-12 一宮栄ビル4F
TEL:0586-71-4545

Copyright © 弁護士法人アストラル All Rights Reserved.