夫の破産を機に自宅不動産を妻に財産分与するという離婚が成立した例

夫婦の主な財産が自宅不動産のみという事例で,妻自身が離婚調停を行いましたが不調となり,当事務所へ離婚裁判を依頼されました。
そこで当事務所で離婚裁判の準備に入ったところ,裁判開始前に,夫が破産の準備に入ったという情報が入りました。

夫は自宅を譲る代わりに相当額の現金を支払ってほしいと要求していましたが,破産の場合,不動産を手元に残しておくことはできませんし,不動産を持っていると破産の手続費用が高くなるなど夫にとっても不利益です。

そこで破産申立代理人を務める弁護士に連絡し,破産前に自宅を財産分与するよう説得し,無事協議離婚が成立しました。

破産に伴って財産隠蔽のために離婚し,重要な財産を財産分与で妻の名義に変えてしまうことがありますが,このような財産分与は後で破産管財人から取り消される(否認)危険があります。

当該事例は離婚を偽装したものではなく,また自宅不動産には妻の個人資産が相当額つぎ込まれていたこと,慰謝料の請求が認められる事案であったことなどから,否認される危険はないものと判断しました。

コメント

破産に伴って財産隠蔽のために離婚し,重要な財産を財産分与で妻の名義に変えてしまうことがありますが,このような財産分与は後で取り消される(否認)危険があります。

当該事例は離婚を偽装したものではなく,また自宅不動産には妻の個人資産が相当額つぎ込まれていたこと,慰謝料の請求が認められる事案であったことなどから,否認される危険はないものと判断し,実際その後の夫の破産手続で問題とされることもありませんでした。

2014/06/20

※コンテンツ内で事例をご紹介する場合、作成当時の法律に基づきますので最新の判例と異なる可能性があります

夫の子どもに対する暴言・暴力、夫の不貞を原因として離婚した事例(一宮市)

概要  夫が子どもに対し、些細なことで怒鳴る、顔を殴る、足蹴りにするなどの暴力があったものの、妻に自活能力がなく長年我慢し、夫の不貞発覚を機として妻から離婚を請求した事例です。   結果  …

夫の破産を機に自宅不動産を妻に財産分与するという離婚が成立した例

夫婦の主な財産が自宅不動産のみという事例で,妻自身が離婚調停を行いましたが不調となり,当事務所へ離婚裁判を依頼されました。そこで当事務所で離婚裁判の準備に入ったところ,裁判開始前に,夫が破産の準備に入…

住宅ローンと引き換えに自宅不動産の共有持分を財産分与された事例

30代後半の夫婦の事例ですが,夫がほぼ連日性交渉を求めてくるのに妻が耐えられず,妻から性生活のリズムの不一致を理由に離婚を請求されました。夫が暴力などで性行為を強要しているわけではないため,慰謝料など…

財産分与として自宅不動産の名義を妻に変更した事例

不貞を行った夫側からの離婚調停の申し立てに対して当事務所が代理人となった事例です。夫からは,自宅不動産を妻に財産分与することを条件に離婚を求めるとの提示がありましたが,妻は夫が不貞相手とすぐ再婚するの…

夫の両親との不和が原因で離婚に至った事例

当該事例のご夫婦は見合い結婚でしたが,見合いの時には結婚したら早々に夫の両親の負担で夫婦の新居を建築するという話だったにもかかわらず,結婚後,夫婦でローンを組んですぐに家を建てるよう夫の両親から強く言…

|1/0|

ライン
予約

一人で悩む前にお気軽にお問い合わせください

事務所ロゴ

弁護士法人アストラル

(旧アストラル総合法律事務所)

〒491-0858 
愛知県一宮市栄1-8-12 一宮栄ビル4F
TEL:0586-71-4545

Copyright © 弁護士法人アストラル All Rights Reserved.