住宅ローンと引き換えに自宅不動産の共有持分を財産分与された事例

30代後半の夫婦の事例ですが,夫がほぼ連日性交渉を求めてくるのに妻が耐えられず,妻から性生活のリズムの不一致を理由に離婚を請求されました。夫が暴力などで性行為を強要しているわけではないため,慰謝料などは認められませんでしたが,住宅ローンの引き受けと引き換えに,自宅マンションの夫の共有持分を妻に財産分与してもらい,また,これとは別に財産分与として約70万円が支払われました。

養育費については算定基準表のとおりの額で調停が成立しました。

 

コメント

離婚に際して住宅ローン付の自宅の処分が問題になるケースは多々あります。
本件では,マンションの購入に際して妻の父親が妻に約1000万円を贈与して頭金に充てており,残りは住宅ローンを夫の名義で組んで支払っていました。

このようなケースでは,妻の父親が捻出した部分については妻の特有財産(夫婦の共有財産ではなく,妻の個人的な資産)とみなされますので,夫が財産分与でマンションを取得するなら,頭金に相当する部分を妻に支払わなければなりません。

本件の夫にはそのような資力がなかったため,夫名義の住宅ローンを妻が引き継ぐ代わりに,マンション全部を妻の名義に変更しました。
妻が正社員であったため,銀行の審査が通ったのが幸いした事例でした。

2014/06/20

※コンテンツ内で事例をご紹介する場合、作成当時の法律に基づきますので最新の判例と異なる可能性があります

夫の子どもに対する暴言・暴力、夫の不貞を原因として離婚した事例(一宮市)

概要  夫が子どもに対し、些細なことで怒鳴る、顔を殴る、足蹴りにするなどの暴力があったものの、妻に自活能力がなく長年我慢し、夫の不貞発覚を機として妻から離婚を請求した事例です。   結果  …

夫の破産を機に自宅不動産を妻に財産分与するという離婚が成立した例

夫婦の主な財産が自宅不動産のみという事例で,妻自身が離婚調停を行いましたが不調となり,当事務所へ離婚裁判を依頼されました。そこで当事務所で離婚裁判の準備に入ったところ,裁判開始前に,夫が破産の準備に入…

住宅ローンと引き換えに自宅不動産の共有持分を財産分与された事例

30代後半の夫婦の事例ですが,夫がほぼ連日性交渉を求めてくるのに妻が耐えられず,妻から性生活のリズムの不一致を理由に離婚を請求されました。夫が暴力などで性行為を強要しているわけではないため,慰謝料など…

財産分与として自宅不動産の名義を妻に変更した事例

不貞を行った夫側からの離婚調停の申し立てに対して当事務所が代理人となった事例です。夫からは,自宅不動産を妻に財産分与することを条件に離婚を求めるとの提示がありましたが,妻は夫が不貞相手とすぐ再婚するの…

夫の両親との不和が原因で離婚に至った事例

当該事例のご夫婦は見合い結婚でしたが,見合いの時には結婚したら早々に夫の両親の負担で夫婦の新居を建築するという話だったにもかかわらず,結婚後,夫婦でローンを組んですぐに家を建てるよう夫の両親から強く言…

|1/0|

ライン
予約

一人で悩む前にお気軽にお問い合わせください

事務所ロゴ

弁護士法人アストラル

(旧アストラル総合法律事務所)

〒491-0858 
愛知県一宮市栄1-8-12 一宮栄ビル4F
TEL:0586-71-4545

Copyright © 弁護士法人アストラル All Rights Reserved.