妻を住宅ローンの保証人から外した上で離婚を成立させた事例

当該事例では夫婦の共有財産が自宅不動産のみであり,夫が主債務者,妻が連帯保証人となって組まれた住宅ローンがまだほとんど残っている状態でした。

夫の収入は,住宅ローン借り入れ後にかなり下がっており,破産する危険もある状況でした。
このため妻の方では,連帯保証人から外れたいと強く希望しており,夫に強く要求したところ,夫の父親が代わりに連帯保証人になることで銀行の了解が得られ,調停離婚が成立しました。

コメント

離婚したら住宅ローンはどうなるのか,という点は多くの方がご相談されますが,銀行としては夫婦が離婚するからといって,よほど資力のある代わりの保証人を立てなければ保証人の交代には応じてくれないのが一般的です。

当該事例では,夫の収入が非常に低く,夫の父親も年金受給者だったため,保証人の交代が可能かどうか危ぶまれましたが,幸いにも交代してもらうことができました。

解決事例の最新記事

調停離婚の最新記事

法律相談受付中 離婚・慰謝料の相談。まずはお気軽にお問合せください。 0586-71-4545 ご相談の流れはこちら
法律相談受付中 離婚・慰謝料の相談。まずはお気軽にお問合せください。 0586-71-4545 ご相談の流れはこちら