離婚の手続

離婚に応じてもらえないときは

離婚の手続は,次の順序で進めます。

1 当事者間での協議(協議離婚)

DSC05617s
 まずは当事者間で離婚条件について話し合います。うまく合意できれば、離婚届を提出し、離婚が成立します。

 なお、養育費や慰謝料など、その場では合意しても、後になってやっぱり払えないなどと言われないよう、公正証書などにしておくことをお勧めします。

2 離婚調停の申立(調停離婚)

 当事者間での話し合いがまとまらない場合、相手の住所地にある家庭裁判所に離婚調停(夫婦関係調整調停)を申し立てます。

 調停では、男女二人の調停委員が間に入り、当事者同士が顔を合わせることなく話し合いを進めてもらうことができます。調停で話し合いがまとまれば、調停離婚が成立します。

3 離婚訴訟の提起(裁判離婚)

 調停でも話し合いがまとまらなければ、家庭裁判所に対し、離婚訴訟を起こす必要があります。裁判上和解が成立すれば和解離婚、判決で離婚が認められれば、裁判離婚が成立します。

 離婚は、決めるべきことが多い上、夫婦間に精神的な対立があるため,意地や嫌がらせによって簡単なことでもなかなか決められないことが珍しくありません。夫婦双方が親権を望む場合のように、金銭では解決しない問題があると、さらに解決は難しくなります。

 調停では、夫婦が顔を合わせることなく、調停委員を介して話し合うことができるため、夫婦間での話し合いに限界を感じたら、調停の利用をお考えになると良いでしょう。

 ただし、調停はあくまでも話し合いの席であり、双方の了解がなければ調停は成立しません。

 このため調停を成立させようとするあまり、調停委員から一方当事者に強く説得が行われ、不適切な条件での離婚に応じてしまうケースも見受けられます。

 適切な離婚条件を知りたいとお考えなら弁護士へのご相談をお勧めします。

法律相談受付中 離婚・慰謝料の相談。まずはお気軽にお問合せください。 0586-71-4545 ご相談の流れはこちら
法律相談受付中 離婚・慰謝料の相談。まずはお気軽にお問合せください。 0586-71-4545 ご相談の流れはこちら