婚姻期間1年で夫の不貞を理由に離婚した事例(犬山市)

概要

 結婚直後に夫の不貞が発覚したことから、妻から依頼を受け離婚調停を行った事例です。

 

結果

 慰謝料を350万円とし、離婚調停が成立しました。

 

ポイント・所感

 本件では、婚姻直後に、夫が婚姻前から交際のあった女性と不貞関係を継続していたことが判明し、当初は夫婦関係の修復を夫婦双方が希望していましたが、妻の精神的打撃が大きすぎたことから、婚姻1年で破綻に至った事例です。夫は当初慰謝料として150万円を提示していましたが、早期離婚と引き換えに最終的に慰謝料を350万円とすることに合意しました。

 

コメント

 本件では比較的高額な慰謝料額で合意が成立しました。近年、不貞の慰謝料額の相場が下落傾向にありますが、本件のように、明らかに一方が有責配偶者である場合に、その配偶者に支払い能力があれば、通常より高い慰謝料額が設定されることもあります。

慰謝料の最新記事

解決事例の最新記事

法律相談受付中 離婚・慰謝料の相談。まずはお気軽にお問合せください。 0586-71-4545 ご相談の流れはこちら
法律相談受付中 離婚・慰謝料の相談。まずはお気軽にお問合せください。 0586-71-4545 ご相談の流れはこちら