面会交流調停の成立に長期間を要した事例(犬山市)

概要

 夫が子どもとの面会方法にこだわり、極めて詳細な面会方法が定められた事例です。

 

結果

 妻が離婚に応じる代わりに、720万円の慰謝料が支払われました。

 

ポイント・所感

 本件では、突然離婚を要求して別居した夫の行動に不審をもった妻が当事務所に依頼されたことから、調査会社に依頼し調査を行ったところ、夫が女性と同棲していることが判明しました。夫は婚姻関係破たん後の不貞であると主張しましたが、同居中に夫婦間で争いらしい争いがなく、また別居直後に不貞を行っていることが明らかであったため、離婚を拒否し争いました。夫は女性との再婚を強く望んでいたことから、高額の慰謝料を請求したところ、最終的に720万円で合意に至りました。

 

コメント

 有責配偶者からの離婚請求はかなり長期間の別居を必要とし、また単に別居していたというだけでは認められません。本件では、夫に相当程度の資力があったことから、いわば『離婚をお金で買う』という選択をしたものです。

慰謝料の最新記事

解決事例の最新記事

法律相談受付中 離婚・慰謝料の相談。まずはお気軽にお問合せください。 0586-71-4545 ご相談の流れはこちら
法律相談受付中 離婚・慰謝料の相談。まずはお気軽にお問合せください。 0586-71-4545 ご相談の流れはこちら